Indeedに求人を投稿!直接投稿編

Indeedに求人を投稿!直接投稿編

2種類あるIndeedへの求人情報掲載の仕方から、今回は「直接投稿」という方法をご紹介します。

アカウント作成&入力完了で即掲載!

直接投稿」とはその名の通り、求人特化型検索サイトであるIndeed上に求人情報を掲載する方法です。メールアドレスとパスワードを登録してアカウントを作成したら、そのまま募集したい職種や会社情報などを入力していくだけで求人原稿が作れます。

以降は登録したメールアドレスとパスワードを使ってログインすれば、求人原稿の修正をしたり、新たに求人を追加したりできます。

作成された求人原稿は即Indeedの検索に反映されます。試しに検索画面で、入力した会社名などのキーワードと勤務地で検索してみると、「新着」として表示されていると思います。

「直接投稿」のメリット

・自社サイトを持っていなかったり、特別なWEBの知識がなくても掲載できる

自分でホームページを作ったり、ホームページ制作業者に依頼しなくても、メールアドレスさえ用意できれば求人をすることができます。

・すべてのデバイスに表示される

求職者がWEBにアクセスする方法はPCやスマホ、タブレットとさまざま。求人ページがそれらに対応していないと求職者に表示されない場合がありますが、直接投稿ならすべてに対応しているため機会の損失を防げます。

・好きなときに募集、終了ができる

新たな職種や勤務地での募集をしたい場合は投稿を追加。採用が決まった求人は「募集終了」にすることですぐに掲載を止めることができます。

投稿は完了したのに検索結果に出てこない…!?

投稿した直後は「新着」として、検索結果の上位に表示されやすいですが、Indeedには毎日何百件という求人情報が追加されています。

そのため、競合が多いようなエリアや職種の場合、数日経つと埋もれてしまい、求職者の接触機会が日を追うごとに少なくなっていきます。

しかし、スポンサー広告にすることで投稿から日が経っても目立つ場所に表示させることができます。

次回はこのスポンサー広告についてご説明したいと思います。

インプレイスはIndeedの宮城エリア正規パートナーです。求人情報誌や求人情報サイトへ頼らない新しい採用方法をご案内します。
https://www.imprace.co.jp/lp/indeed/